パーティードレスを選ぶ際にはTPOを考える

結婚式式やちょっとした集まりの際に着るパーティードレスですが、一体どのような基準で選ぶと良いのでしょうか。自分の好きなデザインやカラーであることが最も大切なのですが、TPOも考えなくてはいけません。正しい選び方について紹介していきます。

レセプションパーティーの場合

パーティードレスを着る機会の一つであるレセプションパーティーですが、一体どのようなドレスを着るのが正解なのでしょうか。会社関係者などが多数集まりますので、TPOを考えることは必須です。お祝いごとであれば華やかなドレスでも良いのですが、ビジネス的な色合いが濃いパティーではシックで動きやすいドレスを選ぶようにしましょう。また、ホスト側として参加する場合には落ち着いたものを、ゲストとして招かれた場合には華やかなものを着るべきでしょう。
招待状にドレスコードが記されている場合もありますので、あれこれ考える前に、まずは招待状を今一度見返すと良いでしょう。どうしても分からない場合には、上司や同僚などに相談するという手もあります。

結婚式で着るべきドレスとは

次に、結婚式で着るべきパーティードレスについて紹介していきます。まずは親族の結婚式の場合には、出来るだけフォーマルな雰囲気のドレスを着ていくようにしましょう。身内側として、他のゲストをもてなす役目も果たすことになるからです。友人や知人の結婚式に招かれた場合には、思い切り華やかなパーティードレスでも良いでしょう。ただし、年齢に合ったものを着た方が良さそうです。
そして、白は結婚式でのタブー色ですので、絶対に身につけないことが重要です。さらに、革や毛皮といった動物素材のものもマナー違反になりますし、過度に露出が高いものも着ない方が良いでしょう。主に、スカートの長さと胸元に気をつけるようにしましょう。

昼と夜とではマナーが異なる

最後に、パーティードレスにはパーティーの時間帯も関係してきます。昼のパーティーでは露出度は控えめにしたおいた方が良いとされるのに対し、夜のパーティーでは少々露出度が高くても良いとされているのです。昼間には、肩や胸などがきちんと隠れるようなデザインのパーティードレスを着るべきですし、夜には肩や胸が空いていてロング丈のパーティードレスを着ることが正式とされているのです。
昼と夜の両方のパーティーに出席する予定で、何度も着替えることが出来ない場合には、ジャケットやストールなどを駆使して露出度対策をすると良いかもしれません。昼には羽織りものを身につけて置き、夕方以降にはその羽織りものを脱ぐという寸法です。