結婚式におけるパーティードレスの選び方

パーティードレスを着る機会などなかなかないのですが、もし着るとするならば最もその機会が多いのは結婚式でしょう。しかし冠婚葬祭の場においては列席者の衣裳にも様々なマナーがあります。結婚式の場合にはどのようなマナーがあるのか理解しておかなければ失礼にあたることもあります。

そもそもパーティードレスとは?

ホームパーティーや企業のイベントパーティー、婚活パーティーなど女性がドレスを着る機会はいくらか存在します。こういった場面ではドレスコードが指定されていない限り、パーティードレスを着て参加するのがセオリーです。女性にとってフォーマルな衣裳の1つであるドレスは、パーティーそのものの格を上げる事にも繋がります。主催者や周りの人々に恥をかかせないためにも、その場に合った衣裳選びというのはとても大切なことなのです。そのためパーティードレスにも一般的なひざ丈のものもあれば、エレガントさを演出するロング丈のものなど様々なタイプのものがあります。また色・デザインも非常に種類が豊富なので、自分の好みに合わせることもできます。

結婚式での注意点

上流階級でもないし婚活にも参加しないからパーティーなんて行く機会はない、という人も少なくはないでしょう。しかし誰にでもフォーマルな衣裳を求められる機会が訪れる可能性があるのです。それが結婚式です。家族や友人の結婚式などに列席する場合には、必ずフォーマルな衣裳である必要があります。そこで登場するのがパーティードレスです。
冠婚葬祭の儀式である結婚式には多くのマナーが存在します。まず花嫁の象徴でもある白色は絶対に着てはなりません。またアイボリーもあまり好ましくないので避けましょう。そしてひざくらいの丈の長さにし、あまりミニになりすぎないよう注意が必要です。
結婚式の主役は新郎新婦なので、その2人よりも目立ってしまうような衣裳でなければ大丈夫です。

レンタルもできるんです

パーティードレスを頻繁に着る機会がある人はよいのですが、人生のうちに数えるほどしか着る機会がないであろうという人にとって、パーティードレスをわざわざ買うというのは気が進まないものです。ましてやパーティードレス1着をとってもそれなりに値段がはるものです。買うのもお金がもったいないし、買ったところで置き場がないという人のために、実はパーティードレスをレンタルできるお店もあるのです。レンタル衣裳のお店では様々なタイプ・色・デザインの衣裳がそろっています。そのためパーティードレスをわざわざ買う必要はないという人にとっても人気がありますし、パーティードレスを着る機会がたくさんあるからこそ、レンタルでいろんなドレスを着たいという人にも人気があります。